遺言と相続の関係 Archives | 遺言と相続の関係 相談ナビ

HOME » 遺言と相続の関係

遺言と相続の関係

車の相続で必要な書類

故人が車を持っていたケースは比較的よくあります。
そのようなときはその車も相続財産になるのですが、実際に相続するときには名義変更をしないといけません。
車は所有者が決まっていますよね。
所有者以外の人はその車の処分も売却もできませんから相続時にこれを変更しておくのです。
そのために必要になる書類がありますからご紹介しておきましょう。

≫ 『車の相続で必要な書類』

相続手続きに必要になる書類

被相続人の財産を相続すると、相続した財産に対しての手続きが必要になります。
遺言にのこされているからとは言え、今すぐに財産が相続人のものになるとは限りません。
相続財産の手続きの基本は、必要書類を集めて提出先に提出することです。
ではどういう書類が必要になるのか、簡単ではありますが取り上げます。
≫ 『相続手続きに必要になる書類』

兄弟のトラブル

相続のトラブルは、遺言があればある程度防ぐことはできます。
しかし遺言があっても、防ぐことが難しい相続トラブルがあります。
兄弟・姉妹です。
普段から仲が良く肩を組んで歩いている間柄でも、お金が絡むと人格が変わります。
そこで家族の絆を確かなものにするためにも、トラブルを防ぐ方法について取り上げます。
≫ 『兄弟のトラブル』

遺言と孫へ相続について

孫は、目に入れても痛くないほど可愛いものです。
中には、自分の子供よりも可愛く感じる人もいるでしょう。
全財産を愛する孫に受け継いでほしいと遺言書にしたためている人も、当然いらっしゃるでしょう。
では孫に相続財産が行き渡ると、子供が本来もらう分の財産はどうなるのでしょうか。
≫ 『遺言と孫へ相続について』

相続の時効

時効とは、法律的に大問題だらけだったとしても「正しい」と認める制度のことです。
「ふざけるな!」という、怒りの声もあるでしょう。
そもそも法律は、助けて欲しいと叫んでいる人に救済の手を差し伸べるためにあります。
何もせず、ポテチを食べてテレビを見ているような人に貸す手はありません。
もちろん相続にも同じことが言えます。
例え被相続人の遺言に記されていたとしても、何もせずにそのまま放置をすれば時効でなかったことになります。
「時効」というよりも、「期限」と言った方が正しいかもしれません。
≫ 『相続の時効』

遺言の拒否はできますか?

遺言で記されている内容について、納得が出来ない場合あもあるでしょう。
相続財産の分配において、遺言書の内容は絶対的です。
しかし遺言書に書かれているからとは言え、絶対に遺言どおりに相続しなければならないということではありません。
そこで、遺言に書かれている内容を拒否する方法について取り上げます。
≫ 『遺言の拒否はできますか?』

遺言書に書かれている分割方法に納得できなければ?

相続人がのこした財産をどう相続して分割するかは、全て遺言に従って行われます。
もし遺言がなければ相続人同士で話し合う「遺産分割協議」によって、きめられます。
基本的に法定相続分に従って分割されますが、相続人同士での話し合いで全員が納得すれば法定相続分通りにする必要はありません。
ただ遺言が見つかり財産の分割について詳しく書かれていたとしても、納得できない方もいらっしゃるでしょう。
遺言の内容に納得ができない場合も、相続人全員で話し合い解決へと導きます。
≫ 『遺言書に書かれている分割方法に納得できなければ?』