遺言書に書かれている分割方法に納得できなければ? | 遺言と相続の関係 相談ナビ

HOME » 遺言と相続の関係 » 遺言書に書かれている分割方法に納得できなければ?

遺言書に書かれている分割方法に納得できなければ?

相続人がのこした財産をどう相続して分割するかは、全て遺言に従って行われます。
もし遺言がなければ相続人同士で話し合う「遺産分割協議」によって、きめられます。
基本的に法定相続分に従って分割されますが、相続人同士での話し合いで全員が納得すれば法定相続分通りにする必要はありません。
ただ遺言が見つかり財産の分割について詳しく書かれていたとしても、納得できない方もいらっしゃるでしょう。
遺言の内容に納得ができない場合も、相続人全員で話し合い解決へと導きます。

ただ遺言で財産の分割が指定され納得ができなかったとしても、遺言の内容を実行する「遺言執行者」が専任されていれば難しくなります。
遺言執行者は相続財産について管理処分する権利をもっており、遺言内容を実現させる義務があります。
どんなに遺言内容に異論があったとしても、相続人は遺言執行者の行動を妨げることはできないのです。
例え相続人全員が遺言内容に納得ができなかったとしても、遺言執行者が決められていれば執行者に従わなければならないのです。

しかし幾ら法律で決められているからとは言え、遺言通りに何もかも従うのは、気分がいいものではありません。
もし実践するのなら遺言執行者に了承を得た上で、相続人同士で話し合うしかありません。
遺言執行者側としてもトラブルは避けたいので、相続人同士の話し合いに関して「NO」を突きつけることはないでしょう。
ただし相続人以外の第三者に財産を既に遺贈していたら、第三者に同意がない限りは相続人の分割は認められません。

万が一遺言書で1円も財産が行き渡らなかったとしても、兄弟姉妹以外の財産については遺留分という形で最低限保証はされています。
そもそも、遺言書が必ずしも有効に働くとは限りません。
書き方によっては無効になることもあります。
ただし遺言書の内容については、相続人同士でトラブルが起きやすくなっているので、要注意です。
時には感情的になり、収拾がつきません。
一度は冷静になった上で、理論的に話し合うようにして下さい。