車の相続で必要な書類 | 遺言と相続の関係 相談ナビ

HOME » 遺言と相続の関係 » 車の相続で必要な書類

車の相続で必要な書類

故人が車を持っていたケースは比較的よくあります。
そのようなときはその車も相続財産になるのですが、実際に相続するときには名義変更をしないといけません。
車は所有者が決まっていますよね。
所有者以外の人はその車の処分も売却もできませんから相続時にこれを変更しておくのです。
そのために必要になる書類がありますからご紹介しておきましょう。

まずは戸籍謄本が必要です。
その方の家族関係がすべて載っている書類ですね。
まずは故人の戸籍謄本を用意し、故人が確かに亡くなっていることや、相続人全員分の存在を確認します。
そのような確認が取れる戸籍謄本を用意してください。

そして各相続人の戸籍謄本も全員分必要です。
戸籍謄本がたくさんの種類必要になるため、不備のないように揃えてください。

これらが車の相続のために必要な基本的書類となります。
これ以外にももちろん必要な書類があるのですが、これは誰がその車を相続するのか、誰が手続きをするのかによって書類の内容が変わります。
一番多いのは相続人の誰かがその車を相続し、手続きもその方が一人で行うケースですね。
そのパターンで以降に必要な書類をご紹介しましょう。

まず必要なのはその車を相続する方の印鑑証明書です。
発行から3か月以内のものが必要ですから、かなり昔に取得した書類は使えません。
手続きの直前に発行してもらうと安心です。
なお印鑑証明書は市役所で印鑑の登録をしていないと発行されません。
これまで印鑑登録をしていなかった方は車の相続前に印鑑登録を行っておきましょう。

次に遺産分割協議書です。
遺産分割は相続人全員の合意が必要になります。
全員の合意が取れていない遺産分割案は無効となるため、本当にその相続人が車の相続をすることで合意が取れているのかを確認されます。

そのためにこの遺産分割協議書が必要になるのです。
確かにそのような合意が取れたとの証明のため、この書類には相続人全員分の署名捺印が必要になります。
それがきちんとされているか確認してください。

そして車庫証明も必要です。
これは警察に発行してもらう書類で、自分がその車をどこに駐車するかが記載されています。
これがないと車の所有ができません。
車を相続する方もきちんと駐車スペースを持っているとの証明のため、この書類が必要です。

あとは書類ではありませんが相続人本人の実印も必要です。
この実印とは印鑑登録をした印鑑のことですから、間違えて別の印鑑を用意しないように注意してください。
車の相続に必要な書類としてこのようなものを揃えると手続きができます。