遺言と相続の関係は根深い | 遺言と相続の関係 相談ナビ

HOME » 遺言と相続の関係 » 遺言と相続の関係は根深い

遺言と相続の関係は根深い

遺言と相続の関係は想像以上に複雑で、簡単に解決できるものではありません。
時に遺言が元で、相続人同士が争うこともあります。
一度仲がこじれてしまうと、修復はできません。
遺言で大きなトラブルが起きた時は、専門家に相談することをおすすめします。

「相続」と一言で言っても、色んな分野があります。
例えば相続税に関しての相談であれば、税理士に頼むのがベストでしょう。
税理士の中には無料で相談を受け付けてくれる所もあります。
相続税の手続は非常に複雑で、遺言があるから何とか乗り切れるほど甘いものではありません。
でも税理士がバックについていれば、複雑な相続税の手続も何とか乗り越えられるかとおもいます。

また不動産名義などの手続きに関しては、司法書士に相談するのがベストです。
司法書士であれば不動産名義の変更手続きも承ってくれるので、精神的な負担は軽くなります。
ただ中には「相続は関係ない」と、他人事のように捉えている方もいらっしゃるでしょう。
でも相続はどんな人であっても、必ず大きく関わることになります。
誰に相談して良いのかわからないというのならば、司法書士に相談してみることをおすすめします。

そして相続人同士でトラブルが起きて収拾がつかなくなれば、弁護士に相談して下さい。
弁護士は税金や相続手続きに関して承ることはできませんが、相続人同士のトラブルを解決してくれます。
弁護士は依頼人の味方でありながら、究極の第三者でもあります。
相続人同士で揉め事が起こると、冷静な判断ができなくなります。
時には感情的になり、普段では絶対に考えられない行動を取る恐れもあります。
また嘘みたいな話ですが、弁護士が登場するだけで意外と早く解決するケースもあります。
弁護士が介入すると不利になると思い込む人は意外と多く、向こうから折れるという訳です。

相続の問題は根深く、1人で簡単に解決できるほど甘いものではありません。
もし相続に悩んでいるのなら、専門家に相談して下さい。