相続手続きに必要になる書類 | 遺言と相続の関係 相談ナビ

HOME » 遺言と相続の関係 » 相続手続きに必要になる書類

相続手続きに必要になる書類

被相続人の財産を相続すると、相続した財産に対しての手続きが必要になります。
遺言にのこされているからとは言え、今すぐに財産が相続人のものになるとは限りません。
相続財産の手続きの基本は、必要書類を集めて提出先に提出することです。
ではどういう書類が必要になるのか、簡単ではありますが取り上げます。

まず必要になるのが、被相続人の遺言を書き留めた遺言書です。
「遺言書に書かれていた」と口で言うのは簡単ですが、本当に遺言書に書かれていたかどうかは、遺言書を確認しなければわかりません。
なお手続きに必要になるからと、遺言書をコピーするのはタブーです。
遺言書は法律で「自分自身で手書きで書いたもの」であると、決められています。
コピーは自分自身で手書きで書いたものではないので、必要書類の1つとして提出しても意味がありません。
手続きのために遺言書の原本を提出しても、後で返してくれるので大丈夫です。
また提出する時に「原本を返して欲しい」と念押しすれば、後で返してくれるはずです。

もちろん必要書類は、遺言書だけではありません。
相続人の戸籍謄本・住民票・時には、個人番号カードの提出が求められる場合もあります。
遺言書がなければ印鑑証明書も必要になりますが、遺言書があれば特に必要はありません。
ただし遺言書の内容に納得ができず相続人同士で話し合い、財産分与を進めたのならば、遺言書があっても印鑑証明は必要になります。
相続登記を進める際にも印鑑証明の提出が求められる場合があるので、準備だけはしておいた方が良いでしょう。
必要書類は相続人だけでなく、被相続人にまつわるものもあります。
主に、被相続人の除籍謄本・改製原戸籍謄本・住民票の除票・被相続人の略歴書などです。

必要書類を1枚だけ揃えるだけでも、かなりの重労働です。
中には、会社を休まなければ手に入らない書類も含まれています。
どういう書類が必要になるのかしっかり確認した上で、早い段階から準備に取り掛かって下さい。