遺言と孫へ相続について | 遺言と相続の関係 相談ナビ

HOME » 遺言と相続の関係 » 遺言と孫へ相続について

遺言と孫へ相続について

孫は、目に入れても痛くないほど可愛いものです。
中には、自分の子供よりも可愛く感じる人もいるでしょう。
全財産を愛する孫に受け継いでほしいと遺言書にしたためている人も、当然いらっしゃるでしょう。
では孫に相続財産が行き渡ると、子供が本来もらう分の財産はどうなるのでしょうか。

まず基本的に、孫が相続人になることは有り得ません。
遺産分配には順番があり、必ず守らなければいけません。
遺産をもらえる順番でトップに立つのが、子供です。
次に被相続人の親・兄弟姉妹と続きます。
孫の相続が認められるのは、相続トップに立っている子供が亡くなっている場合です。
ただし子供が五体満足元気に走り回っていても、孫が相続できる場合があります。
遺言で「孫にも遺産の◯◯分を相続させる」と指定があれば、遺言にのこされている分の財産を孫に引き継ぐことができます。
遺産の分配は基本的に、被相続人の遺言に沿って行われます。
だから遺言に「孫に引き継がせる」ことが書かれていれば、孫にも相続の権利が発生します。

しかし先程にも述べましたが、本来は孫に相続権はありません。
幾ら遺言だからとは言え、相続人の中には納得ができないという方もいらっしゃるでしょう。
もしも「全財産を孫に相続させる」と書かれていようものなら、トラブルの火種になります。
トラブルを回避するには、相続人同士でしっかり話し合うしかありません。
また本来の相続人(子供)には、最低限の財産が保証されています。
遺留分減殺請求で確保することができるので、検討してみることをおすすめします。

ただ遺言書の内容は、必ずしも100%従わなければならないという訳ではありません。
相続人全員と遺言執行者の同意が大前提となりますが、遺言書の内容に不服ならば、相続人同士での話し合いで決めることができます。
「孫に財産を相続する」と遺言でのこされていると、面白くないと感じる相続人は1人は出てくるでしょう。
トラブルを避けるためにも、腹を割ってじっくり話し合うようにして下さい。